院長紹介

ご挨拶

 2019年4月から院長として就任しました藤本です。これまで、さまざまな治療過程や療養場所において、外科医としてのルーツをもつ緩和ケア医として、主にがんの患者さんを支えてきました。
 近年、診断後早期からの緩和ケアの必要性が叫ばれていますが、、医師向けの緩和ケア教育の受講率は向上したものの、実際の現場では、まだ”ちょっとした工夫”が足りないことで苦しまれながら治療を受けている患者さんが多くおられます。緩和ケア病棟などの入院施設や、24時間対応の在宅医療機関・訪問看護ステーションは徐々に増えてきていますが、仕事や社会生活を維持できている方が通院でしっかりと緩和ケアを受けられる医療機関は大変少なく、不足しています。
 現役世代で仕事をされていたり、家庭や仕事と両立して病気と向き合っている患者さんが、気軽に通って、そして集い、、症状のみならず、家庭・仕事などについても何でも相談できるクリニックを目指しています。ぜひ”ちょっとした工夫”を一緒に考えにお越しいただければと思います。


プロフィール

[名前]
藤本 肇
[略歴]
〇防衛医科大学校 医学科卒業
 消化器外科にて手術と抗がん剤治療、緩和ケアに従事
 この時に、当法人の井尾理事長と診療を通じて出会う
〇2005年 在宅緩和ケアに特化した診療所
 「ふじもと在宅緩和ケアクリニック」を所沢市に開設
 600人以上の方の在宅療養を
 地域の医療・介護スタッフと共に支えました
〇2015年 防衛医科大学校病院緩和ケア室講師
 緩和ケアチーム専従医師として診療と教育に従事
 700人以上の方の症状緩和や療養選択を
 病院内の多職種チームで支えました

〇2019年4月~ 立川緩和ケアクリニック院長
 非常勤勤務先
  防衛医科大学校病院(非常勤講師・緩和ケア外来)
  埼玉石心会病院(緩和ケアチーム)
  所沢ロイヤル病院(療養病棟での緩和ケア診療)
  わかさクリニック(在宅医療)
[資格等]
日本緩和医療学会認定医
緩和ケアの基本教育に関する指導者講習会修了
防衛医科大学校非常勤講師(医学科・看護学科)
埼玉医科大学国際医療センター緩和ケア研修会講師